料理へのこだわり

厳選した香辛料による香り豊かな
本格四川料理をご提供します。

四川料理とは数ある中華料理の中でも中国四川省を中心とした共通した特徴を持つ郷土料理を指します。
特に唐辛子や花椒(山椒の同属異種)などの香辛料を効かせた辛い中華料理として知られており、
中国本土の専門店だけではなく、日本でも近年の辛いものブームに乗って本格的な四川料理を提供する料理店が増えている。
痺れるような辛さの代表的なものとして、「麻辣(マーラー)」を味の特徴としており、これは四川省や重慶市の湿度が高く、
夏と冬の寒暖の差の大きさが関係しているとされる。
内陸地において高温多湿な環境であっても、唐辛子に含まれるカプサイシンの効果により、発汗を促し健康を保つための先人の知恵と言えるだろう。その他にもソラマメの加工品である豆板醤(トウバンジャン)、黒大豆の加工品である豆豉(トウチ)、米を発酵させた酒醸(ジュウニヤン)などが一般的に知られている。

  • 【代表的な四川料理】
  • 麻婆豆腐(マーボードウフ)
  • 担担麺(タンタンメン)
  • 回鍋肉(ホイコーロー)
  • 魚香茄子(マーボーナス)
  • 棒棒鶏(バンバンジー)
  • 乾焼蝦仁(エビのチリソース)

四川の持ち味を最大限に生かす

一般的な中華料理では味わうことのできない本場四川の味を限りなく追及し、香辛料を豊富に使用した豊かな香りと爽やかな風味が特徴です。手づくりにこだわり、カジュアル・リーズナブルにご堪能いただける本格的な四川料理をご用意しております。

香辛料にこだわる

四川料理といえばその辛さが最大の特徴です。辛さの中にも独特の風味を活かすため、本場の四川とうがらしをはじめ、唐辛子の粉末や山椒においても数種類の中から、常に料理や食材に合わせたものを厳選し、使用しております。