• P1010290P1010291 P1010082P1010131まもなく梅雨明けらしいですが、暑い日が続いていますね~

    ついつい、冷たいものに走りがちですよね~

    もう調理場の温度もやばいし・・・

    アイスなんか食べ始めたら、止まんなくなっちゃうし! そして、おなかを壊したり(泣)

     

    しか~し、そんな暑い時こそ、熱い四川料理で汗をかいて、モヤモヤした気分も飛ばしてはいかがでしょうか

    中国料理の代名詞「医食同源」

    冷たいものを直接とるのではなく、夏なら瓜類に代表されるような、体を冷やす食材を、ただそのまま摂るのではなく、逆に体を温める又は、平温のものと摂ることによって、バランスを保つ

    歴史ある中国の食文化における、先人たちの知恵や習慣に学ぶところ・・・いや、時々思い返すだけでもいいと思います。暑いからって、冷たいもんばっかじゃ、駄目よねぇ~って

    特に、四川料理においては、その気候風土から、唐辛子や中国山椒が独自の発展をしてきました。

    今の群馬の気候そのものです。

    そうだ!風の都行こう!

    [ 2017年07月11日 更新 ]